東北スタディツアー
UPDATED:2018-08-02 22:22:33

7月30日(月)~31日(火) 東北スタディーキャンプは、729()31()で実施予定でしたが、台風の影響により、一部の参加生徒を除いて当日中に現地入りが叶わず、やむなく30()JR仙台駅をスタートとしました。  南三陸町の総合防災庁舎跡や大川小学校跡を訪れて祈りを捧げ、震災の傷跡を目の当たりにし、復興と新しいまちづくりの現状と課題に気づきを与えられ、現地を踏まなくては決して得ることのない財産をいただきました。夜は仙台YMCAでシャワーを浴び、教室の床に持参した寝袋を敷いて寝ました。 31()は、地元のキリスト教主義学校である宮城学院高校の生徒6名とともに、恒例となったいちご農園での作業に汗を流し、午後には荒浜小学校などを訪れました。この日には、本校の卒業生で東北放送の記者として頑張っている先輩がTVクルーとともに取材に来てくれました。その様子は当日夕、ニュース番組でオンエアされました。  このキャンプが同窓会、育友会、校友会のお支えにより今年も続けられたことを感謝します。