平和学〔近藤先生〕 (高3)
UPDATED:2019-11-05 08:22:45

10月29日(火) 高校3年生選択科目「平和学」に近藤紘子先生をお迎えしました。近藤先生は、1944年広島市生まれ。生後8カ月で爆心地から1.1キロの地点で被爆。原爆を投下した軍機エノラ・ゲイ号の副操縦士との出会いやアメリカへの留学経験を通じて、被害者意識を超えた日米の架け橋となる平和運動を展開してこられました。

アメリカ、日本での平和の語り部としてのこれまでの活動を、「赦し」、「次世代に託す思い」をメッセージとして、講義をしてくださいました。また、授業に先立って、中学、高校の礼拝で奨励をして下さいました。