卒業生 社会起業家による礼拝奨励
UPDATED:2017-10-27 18:52:29

10月26日(木) 礼拝にて、卒業生の黒田尚子さん(啓明学院共学1期生、2008年卒業)からお話しをしていただきました。

黒田さんは、神戸アジアン食堂バルSALAを2016年7月に開店しました。このお店は、フィリピン、中国、タイ、台湾、モルドバ、ネパール、インドネシア、日本の8カ国の女性シェフが活躍するレストランです。起業のきっかけは、大学生の時に、在日アジア人女性と関わるうちに、さまざまな社会的な課題に直面したことにあり、彼女たちに就労の機会をつくり出そうと、食を中心とした事業を展開しています。

話しの中で、どんな小さなことでもいいから、しっかり向き合うことが大切であり、知らなかったこと、見なかったことにしないで、自分にできることをやってみよう。ソーシャルアントレプレナーの種は、あなたのまわりに転がっています。とのメッセージを生徒たちに向けて伝えて下さいました。

 

啓明学院、関西学院大学で同級生の保健体育科中西先生と黒田さん