KEIMEI GAKUIN EDUCATION

啓明学院の教育

社会起業家精神を備えた
グローバルリーダーの育成

社会起業家精神とは?
古今東西、人は社会の仕組みを作り、維持し、補修し、共同生活を成り立たせてきました。今までは、国や自治体が税金を財源として、政策を実行して社会問題を解決する、あるいは個人の篤志家が寄付をして社会制度の不備を補うのが当たり前でした。
しかし近年は、これらの方法だけでは世界の深刻な課題を解決するには不十分で、問題を生み出している社会システムを変えていこうとする人々が現れています。たとえば、グラミン銀行を創設したムハマド・ユヌス氏は、従来の銀行が敬遠していた小口融資を通して、バングラデシュの貧困問題、女性の就労問題の解決に取り組みました。
このように、従来の常識にとらわれないで、社会課題の解決のために、社会のシステムを変える創造的で革新的なアイデアを生み出そうとするマインドを社会起業家精神といいます。

黒田 尚子

黒田 尚子

2008年卒業
関西学院大学 人間福祉学部 社会起業学科
【アジアン食堂バルSALA経営】

私はチャレンジして後悔したことは一度もありません。啓明学院で過ごした時間、得た経験の全てが今の自分の糧になっていると確信しています。
今、私は「様々な困難を抱える在日アジア人女性の就労の場を創り出すことにより、社会でエンパワメントの連鎖を創り出す」という人生をかけて成し遂げたい大きな夢を持って、神戸南京町で「神戸アジアン食堂バルSALA」を経営しています。
チャレンジすることで自ら機会を創り、その機会によって自らを変えて下さい。すると大きな門が開き、眼の前にとてつもなく広い世界が待っています。
社会課題への取り組み
生きづらさを感じている
アジア出身の女性の力になりたい
結婚を機に来日したのに、言葉や文化の違いからなかなか社会になじめず、生きづらさを感じているアジア出身の女性たちがいることを学生時代に知りました。彼女たちの力になれないかとの思い、屋台でアジアの料理を出すイベントを企画して支援を始めました。

社会課題への取り組み

母国の家庭料理を提供して、
つながりと自信を取り戻す
大学を卒業して民間企業で働いた後、起業しました。現在は、「神戸アジアン食堂バル SALA」を元町で経営し、タイやフィリピンなどアジア4か国の女性シェフが母国の家庭料理を振る舞っています。客様においしいですと言ってもらえる、働く場ができて収入を得ることができる、そして彼女たちが自信を取り戻す。飲食店という方法で、社会を変えることに、私はチャレンジしています。

社会課題への取り組み

竹下 友里絵

竹下 友里絵

2014年卒業
神戸大学 農学部 食糧環境システム学科食糧環境経済学コース
【タベモノガタリ(株)代表取締役社長】※産地のフードロスをなくすために、見た目や形にこだわらない【規格不選別】で農家から仕入れる八百屋のタケシタを運営。- 受賞歴 -
ユヌス&ユー ソーシャルビジネスデザインコンテスト2018
・ボーダレス・ジャパン賞
・Veolia賞
・ウーマン賞

横を見れば何かに燃えて頑張る仲間がいて、毎日の礼拝には大学での多様な経験をキラキラと話す先輩方の姿があり、いつでも自分を奮い立たせてくれるような、そんな環境が啓明にはありました。
ソフトテニス部での活動に没頭する毎日だった1年目。先生方に背中を押され、カナダへの留学を決意した2年目。来る大学生活に向けて、必死に勉強した3年目。
やることは変われど、共通することは "自分の「やりたい!」という気持ちに素直になって必死に頑張り続けること” でした。大学を卒業して起業という道を選んだ私は、未だにその考えを貫いています。すべてのベースとなるような考えを、啓明では培うことができたと思います。
社会課題への取り組み
飢餓とフードロス
世界の食の矛盾に気づく
高校2年生のときにカナダへ留学し、ホームステイ先で食べ残しの多さに驚きました。「世界の一方では食べられずに死んでいる人がいるのに、もう一方ではたくさんの食べ物が捨てられている」という世界の食の矛盾を感じたのです。日本では生産された野菜の3割は「規格外野菜」として廃棄されています。フードロス削減に貢献したいと思い、創業しました。

社会課題への取り組み

地域密着型の
「八百屋のタケシタ」の運営
朝どれの野菜を農家から野菜を買い取り、地下鉄の駅ナカに出店・販売しています。品質を保つため、全て自社便で流通させています。仕入れ基準は形や見た目ではなく、味や農家の思想を大切にするため、時には見た目が悪い農産物も売り場に並べています。このような非効率をも包括した農産物流通に私は挑戦しています。

社会課題への取り組み